目標達成のご報告と御礼
本文へジャンプ

        
 りょうすけ君は、1月に渡米し、3月心臓移植が成功し、6月3日元気に日本に帰って

きました。直ちに東京大学病院に検査のための入院をしていましたが、12日、懐かしい

我が家に1年6ケ月ぶりに元気に帰ってきました。帰宅早々に、翌日には小学校へ行き

1年半ぶりに友だちとの対面を果たすことが出来ました。また、15日には所属する少年

野球クラブの試合に参加し、応援することも出来ました。病気発症以来、念願だったりょ

うすけ君と私どもの夢を叶えることができました。これまで、ご支援・励ましを下さった全

国の皆様には深く御礼申し上げます。


 また、りょうすけ君の苦しく、つらい毎日の連続を支えて頂いた、東大病院の先生方
  
UCLA病院の先生方のご尽力と、ドナーの方とご家族の温かいご厚意により、彼の生

命はよみがえり、このように元気な姿を見せてくれました。改めて御礼申し上げます。


 私ども、「りょうすけ君を救う会」のメンバーをはじめ、飯野小学校児童・先生方・PTA

の方々、野球クラブの仲間たちは、今日の日を持ちわびておりました。りょうすけ君のが

んばりに、私ども賞賛と感謝の気持ちでいっぱいです。
手術成功のために、全国の皆

様の温かいご支援ご協力と励ましが、彼を勇気づけ、がんばらせたものと、深く感謝申

し上げます。


 私ども、「りょうすけ君を救う会」は規約に基づきまして、りょうすけ君の容体が急変し

た際に備え、3年間存続させた後に解散することとなります。
それまでは地域の子ども

同様に見守ってまいりたいと思います。


 最後に、ご支援・励ましを下さった全国の皆様、ホームページを見ていただいた方々

はじめ、マスコミ関係の皆様に心より感謝を申し上げ、ご報告と御礼のごあいさつとさせ

ていただきます。

                                       平成20年6月17日

                            
                                               りょうすけ君を救う会


                                                代表 鈴木 譲