りょうすけ君を救う会
本文へジャンプ
  「りょうすけ君を救う会」規約
 第1条【名称】
 本会の名称を「りょうすけ君を救う会」と称する。
 第2条【事務局】
 主たる事務局を、千葉県富津市二間塚1962-2に置く。募金活動終了に伴い、富津市

 下飯野153(富津市立飯野小学校内)に移転(2007.12.9)
 
 第3条【目的】
 本会は海外での心臓移植手術を希望する「金子亮祐君」を救うための費用の募金活動を
 行う非営利団体である。
 第4条【事業】
 本会は、前条の目的を達成するため次の事業を行う。
「金子亮祐君」を救うためにかかる渡航費・手術費・滞在費・会運営経費等の募金活動と
 支援事業
 第5条【会員】
「金子亮祐君」を救おうとするボランティアにより構成される。
 第6条【役員】
 会員総会の選出により以下の役員を置く。
 代表 1名・副代表 2名・事務局長 1名・会計 2名・運営委員 若干名とする。
 第7条【運営】
 この会の活動を行うにあたって、運営委員会と会員総会を置く。
 ➀運営委員会は、必要に応じて役員・委員の要請で三役が認めた場合に開催する。
  参加者は役員及び委員とする。
 ➁会員総会は、設立・目標金額達成時・会解散時に開催する。参加者は会に携わる全ての
  会員とする。
 第8条【会計】
 ➀会運営経費などの入出金は、三役の承認後行う。
 ➁支出に関して、領収書のない物に関しては出金をしない。
 ➂「金子亮祐君」の医療費などを含めた総経費は、会解散時に全ての監査を行い、会員
  総会において会員に開示及び公表する。
 第9条【募金目標金額】
 募金目標金額は、移植医療費・渡航費・滞在費・事務局運営費を合わせた1億2800万
 円とする。
 ※目標金額に達したときに、速やかに募金活動を停止する。
 第10条【余剰金の使途】
 精算後に余剰金が発生した場合、その余剰金は心臓移植後における「金子亮祐君」の
 不測の事態に備えて、監査終了時点から3年間凍結し、運営委員会協議・承認の後に
 移植医療に携わる機関・団体等に寄贈する。
 第11条【移植不可能な場合】
「金子亮祐君」の容態急変など何らかの事由で移植不可能になった場合、運営委員会
 協議・承認の後に移植医療に携わる機関・団体等に寄贈する。
 第12条【事務局の解散】
 本会は目的の達成・「金子亮祐君」の容態急変など何らかの事由で移植不可能になり、
 支援を必要としなくなった場合に解散する。
 規 約